スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ツーリングレポ: びわ湖へ
五年ぶりに、更新してみむとす。

何でいまさら更新する気になったとか、
タイトルからして更新するブログ間違えてねえかゴルァと言われそうですが、
これには深い訳が。

dnews-files-2013-08-Exosuit-Deep-Sea-Dive-670-jpg.jpg
Yes, very deep...


某夏のある金曜日、びわ湖医科大に通う再受験の神さまにお会いしようと思い立ちます。

急なアポ取りにも関わらず快く承諾くださり、翌土曜日に会って頂けることに。
そんなこんなでえびふらい県から、びわ湖を目指して出発したのでした。
biwamap.png

わが愛車のゼルビス250にはETCがないので、下道をえんやこら。
二時間ほどで、びわ湖県―伊勢神宮県の県境にたどり着きます。
IMG_5219_R.jpg
トンネルを抜けると、そこはびわ湖県!真夏でもひんやりとしている山の空気が気持ちいいです。

山を下り、近江八幡市を経て守山市へ。
かの有名な”明るい廃墟”こと、ピエリ森山へたどり着きます。
IMG_5220_R.jpg
あれ、めちゃ賑わってる!全然廃墟じゃないZe。
一時は広大なショッピングモール中に4店舗しかないというネオ廃墟っぷりを披露していたピエリですが、
去年の暮れから経営母体が替わりうまく復興を成し遂げたようです。


近江大橋を渡り、大津市へ。南びわ湖の一番狭いところですが、それでも全長1kmほどあったでしょうか。
びわ湖は海だ。

やがて次元さんオススメのおしゃれカフェ、びわ湖大津館へ到着。
IMG_5224_R.jpg
戦前からのびわ湖ホテルを回収した建物だそうで、どっしりした構えの素敵なカフェでした。

ほどなくして再受験の神さまこと、次元大介先生と邂逅。
lupin1.jpg
面白おかしいブログの内容とは裏腹に、大変実直な筋肉モリモリマッチョマンのお方でした。


丁度学年が同じという事もあり、病院実習あるあるや、国家試験対策、病院見学などで話が弾みました。
また、再受験ならではの苦労や、面白話も。

印象的だったのは、次元さんが今でも放課後ファミレスに籠り夜遅くまで勉強することを続けていること、
そしてその忙しい合間を縫って毎日再受験の相談に乗り、毎週のように再受験志望者に会っていることです。

方や私は、だらだらと気が向いたら勉強し、この再受験ブログはほったらかし。
再受験生のメール相談も年一回程度。
これではいかんと思い、ブログの更新に至ったわけです。


休みの開ける九月ころより、少しづつ再受験生むけの更新をしていこうと思います。
こうご期待!

スポンサーサイト
ほか | 19:46:24 | トラックバック(0) | コメント(4)
平成23年度入試・入試得点
こんばむは。

今月も何やかんやと忙しい月で、中々更新できず申し訳ありません。
文才がないので、中身の割に更新には時間かかっちゃうのです。

才能ないやつぁ、金か身体張れや! てやつですね。世界は厳しいです。


さて、先日コメント頂いた成績開示の結果をば。

DSC00072.jpg


色々と不満の残る得点となってしまいました(誰か英語9割とか言ってましたね)が、
勝負はこれからの6年間です。しっかり勉強すっぞ。じゃあの。






…で終わらせるのも成績データの無駄遣いですので、
今後受験される方の為になりそうなことを少し。


結局、総合得点は

929.5/1150。得点率81%

でした。合格者は全員、面接200点満点得ていますので除外して考えますと、

729.5/950、同77%

となります。

センター配点は5教科7科目900点を0.5倍した450点満点ですので、
センター:二次=450:500。
味噌カツ市大は実質的にセンター:二次配点がほぼ同率となるわけです。(注:2012年度以降は不明です)

その中で私の得点を見ると、729.5点の内6割をセンターで得点しています。
つまり、完全にセンターで逃げ切ったという結果になりました。
imagesCAWQK9PV.jpg
いつかお礼に行こうと思いま…せん。
私の様なタイプはどちらかと言うと稀で、調べた限りでは二次で得点して合格した人の方が多いです。

あまり他人様の成績分布を事細かに書いてしまうと、ギルドに〆られる恐れがありますので、ここらで大学公表データとまとめ。

最高点は1009/1150。最低点896。平均点932.78。

・面接はよほどのことが無い限り200点満点。
・すなわち、実質的にはセンター逃げ切りも二次逆転も可能。
・ただし、相応に高い二次力を持った受験生多し。

あ、先生方は学力低下を大変嘆いてらっしゃるので、私見ですが試験問題が難しくなる事はあっても再受験締め出しの方向には行かないと思います。
その他味噌カツ市大は魅力がいっぱい。それについてはまた別の記事にしようと思いますが、
再受験医学生の雄jigendaisukefkさんの冷徹な分析でも上位に来る本学を一つヨロシクです。


おまけ。

DSC00076.jpg

無駄になおちゅう部屋を公開してみるてすと。
奥の出窓が勉強机。省スペースで良い感じです。
窓からは大学病院が見えるくらい、大学に近いです。
下宿は大学に近い事が第一条件と思います。Q大学での経験より( ̄ー ̄

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

23年度入試 | 23:55:55 | トラックバック(2) | コメント(18)
医学部再受験:予備校か、宅浪か。
ご無沙タヌキ。でございます。

3月中は
・進路決定
・大地震
・身内の他界
・戸籍記載事項変更
・お引越し
などなど、これ以上ないほどたてこんでおりました。

東日本大震災では、北関東に住む家族と一時連絡が取れなくなるなど
心配はありましたが、幸いにも被害は殆ど無く。
この地震で被災された方々には心からお見舞い申し上げますと共に、
自分に出来る事を精一杯やっていこうと決心を新たにしました。

また、原発問題は今日の生物学の初講義で刺激的な話をたくさん聴くことができました。
いずれ機を見てご紹介できればと思います。


さて、標題の件。
私はこの一年、あり難くも予備校、K塾名駅校に通わせて頂きました。
その経験から言いますと、医学部という難関を目指すのであれば
予備校をうまく利用した方が早く合格できる可能性が高いです。
医学部受験、それも再受験となると人それぞれ環境が違いますから一概にはお勧めできませんが、
一昨年は自宅浪人だった私の経験と併せて考えるとやはり、メリットが際立ちます。

それらのメリットとは:

1.参考書選びで迷わなくて良い
2.受験データや環境が整っている
3.勉強効率が高い

の3点に集約されます。

1については自明と思われるかもしれませんが、このメリットは計り知れません。
自宅浪人ですと、自分で納得して選んだ参考書でも、これでいいのか、合格できるのかという
不安が常に付きまといます。その点、受験のプロが自分の教えやすい様に編纂したテキストと
講義のセットは、これさえこなせば成績が上がるという安心感があります。
いわば、安心をお金で買うわけですね。
imagesCAAG6DKM.jpg

不安一杯の浪人生活、少しでも安心が得られる事の大切さはご理解頂けると思います。


2について。
言わずもがな、医学部受験は難しいです。ちびります。
そうした難関を突破するには、戦術と戦略が両方必要です。

戦術は勉強していれば身につきますが、戦略を立てるには確かなデータが必要です。
imagesCA26A0F5.jpg
ならばデータを豊富に持っている場所にお金を払うというのは悪い選択では無い様に思えます。
ネットの情報だけでは信憑性の面で不安が残ります。情報は身銭払って買うべきものだと思います。
また、再受験や浪人の社会的立場の危うさから、自宅で家族が近くにいる環境では
非常に集中しにくいものがあります。塾の自習室も決して環境が良い訳ではありませんが、
同志に囲まれての勉強は良い物です。おんなのこもいるし


3について。
生涯初めて塾というものに通ってみて驚いたのが、講義のレベルの高さです。
厳しい競争社会を生き抜いてきた受験職人さんたちの技量は生半可ではありません。
また、こちらの覚悟や意欲にも大変敏感な方々です。学ぼうとする姿勢と教えようとする意思が
相乗して高い学習効果を得られると感じました。
数学の場合、一時間半の講義で入試問題4問程度しか進まないのは効率が悪いと思われがちですが、
それは違います。受け売りですが、受験は解いた問題の数ではなく、解ける問題の数で決まるからです。
五感を通じて解いた4問は、次回出会った時に必ず解けるだけでなく、
類題まで解ける様になっている事が多く、深い理解の重要性を実感したのでありました。


メリットを書き連ねてみましたが、デメリットもあります。

1.費用がかかる
2.通うだけで安心、安住してしまう


1については厳然たる事実です。大手のコースだと国公立大学並、
医学部専門の少人数塾ですと私立大医学部並(!)にかかるところもあります。
ただ、通うことで夢の実現が早まるならば、通って損をする事はあまりないと思います。
医師とフリーターの年収差という現実的な尺度を持ち出すまでもなく。
私は先立つものが無かったので、親戚から借金をして通いました。
出資者を納得させるだけの信念を言葉にできた事、自分を追い込めたことの両面で
この選択は私にはプラスになりました。

2が問題です。同じ講義を受けていながら、目標を達成できた人はほんの一握りでした。
メリットとして安心感を買えると書きましたが、火災保険と違う点は
商品を買ってからもたゆまなく努力を続けなければ意味が無いと言う点です。
ETCもナビもついた良いクルマを買っても、自分で運転しなければ目的地には着けないという事です。


以上、徒然なるままに予備校マンセーを致しましたが、宣伝費は貰ってませんのでご承知置きをw
本当にお金のかかる事ですし、自らの状況と可能性をしっかり見極めた選択を何卒、お願いいたします。


今後は月2回くらいのペースで、しゃちほこ市大医学部の情報と、再受験情報を変わりばんこに
更新できればと思っています。
ではまたよろしくでございます。おやすみなサイ。

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 23:15:35 | トラックバック(2) | コメント(12)
試験突破ニ成功セリ
ここ数日、合格祈願に九州は大宰府までお参りに行ってきました。
貧乏浪人ゆえ、一日2300円で鈍行乗り放題という青春18きっぷでの旅。
名古屋からだと 15時間 かかります。
IMG_0826.png


着いたときにはもうこんな感じです。
imagesCAFCY6Z9.jpg


おまけに宿泊地は友人の家の 床 。
ぼろぼろになりながらも、梅の花咲く学問の神様、大宰府天満宮に無事お参りを果たしました。
dazaifu.jpg



その涙ぐましい(笑)努力あってか、戻った翌日の合格発表では無事、合格と相成りました!
IMG_0827.jpg
シャチホコシティー大学前期日程。


番号を目にした瞬間、年甲斐もなく公衆の面前で”ぃよっしゃあああーーー!!!”と叫んでしまいましたw
周りの人はドン引きしていましたが、大丈夫だ、問題ない。
このアツい喜びは、辛抱に辛抱を重ねて、人生賭けて辿り着いた者にしかわからぬ。

と不遜なまでに調子にのりつつ、ラグビー部に胴上げされて帰ってきました。


でも実は私は大変な小心者です。
事前にイメージトレーニング(笑)を積んでいたからこそできた行動でした。

実はこの一年、勉強が辛くなったときには、
「合格発表の瞬間喜びたいのか、唇噛みたいのかどっちなんだ!」
と自分の尻を叩いてきました。

”目標達成の瞬間を明確にイメージすることは、あらゆる目標に有効である”
と何かの本で読んだのがきっかけだったと思います。

少しでもイメージを共有できればと思い、鬱陶しくも画像貼ってみました。
一年間サポートして頂いたあらゆる方々に感謝をこめて。
ありがとうございました。

近々勉強法など、参考になる範囲でまた記事にしたいと思います!

23年度入試 | 01:30:26 | トラックバック(0) | コメント(10)
国公立医学科、前期試験受けました。
こんばんは。

2月25日、26日と、名古屋市立大学医学部入試を受験して来ました。
揚々と発表までの日々を過ごす予定が…少々微妙なラインになってしまいました。


二次試験は筆記試験で、詳細な自己採点は出来ませんので、概観をば。

英語 9割
数学 5割
物理 6割
化学 5割

センターとあわせて、およそ

930/1150

点といったところです。
例年の合格点は900点前後ですので、なんとかなるかと思いますが、
何分採点基準がないので何とも言えません。

勝率は7割…と言ったところでしょうか。


あと二週間もありませんが、後期学科試験を受ける方の参考までに、
今回の私の反省点を記しておきます。


1.センター後の勉強計画の甘さ
赤本や予想問題に時間を割いて、それらのカバーしていない分野が手薄になっていました。

そして本番では見事にそういったところを突かれました。
問題作成者は受験生や予備校講師の考える事などお見通しです。
過去問と似た問題が出る可能性は限りなく低いという、
冷静に考えれば当たりまえのことを反映できませんでした。

直前期は、基本に立ち返り裾野を広げる謙虚さを。
ピンポイントを狙った勉強法は愚
です。
赤本は時間配分を身に着ける程度に留めた方が良い結果に繋がると思います。


2.浮ついた気分が多少なりとも存在したこと
センターうまくいったし、二次は楽勝!と全く思っていなかったかと言えば嘘になります。
どこかこうした思いが、準備にせよ本番にせよ悪影響を及ぼした感があります。
後期の出願先にも行きたい、という矛盾した出願選択もありましたが・・・

目の前の試験に気持ちを全て持っていける様に環境を整えておくのは、鉄則です。


3.寝不足
試験前日は大いに緊張し、夜中2時まで寝付けませんでした。
7時には家を出なければならず、普段よりも短い睡眠で試験に挑む羽目に。

睡眠不足は体感以上に思考力を奪います。
私の様に緊張して眠れなくなる方は、暖かい牛乳飲んで9時に床に入ってしまうなどの
何があっても睡眠時間を確保する工夫
をなさる事をおすすめします。


今日はこんな所です。
後期学科試験のある方は頑張ってください。
私は後期は面接のみという特殊条件です。。。


前期の発表は3月10日!
7割の確率での(笑)吉報をお待ち下さいませ。

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

23年度入試 | 23:56:26 | トラックバック(0) | コメント(6)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。